■プロフィール

haru3377

Author:haru3377
ハル
w.コーギーペンブローグ(♂)
2004年5月27日生まれ
茨城県つくば市在住

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■アクセス

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

ハル永眠
1月30日午前6時55分 我が家の僕ちゃん 旅立ってしまいました。

ハル永眠




以下2月7日 追記

28日(日)
ハルに体力付けさせようと 28日の日曜日夕食はみんなでステーキ食べました。
完食しました。
生まれて初めてのアイスクリームはいつまでもスプーンを離しませんでした。
「離せ。OFF!」というコマンドが
ハルに向けた最後のコマンドになるなんて思っても居ませんでした。

29日(月)
朝食もステーキとレバー入りのおじや 味しそうに食べました。
庭先に出してあげると ちゃんと片足上げてオシッコもしました。

この日は病院の日でした。貧血の値は完全回復してました。
が 夕方帰宅してしてもご飯も食べず 夜の薬は兄ちゃんに支えてもらって飲ませました。

眠りながら「ワンワン」と吠えました。寝言かと思いました。
夜遅く私が介護用品をいろいろネットで注文していると
かろうじて動く前足を突き出して一生懸命 立とうとしました。

これらの事 後になって思えば ハルの旅立ちのメッセージでした。


最後の最後まで 頑張って生きようとしたようです。

火葬場のかたは 「この子を、まず褒めてあげてください。」とおっしゃいました。
骨がボロボロでした。 足も背骨も肩骨も・・・・。

今まで降りれた段差が降りられなくなったりしてたので 抱えることは多くなっていましたが

「辛いよ。」って もっともっと言ってくれてもよかったのに・・・・。
介護らしき介護なんて何もしてないのに。。。。



13年8か月 ありがとう!




スポンサーサイト
ハルの健康・ケア | 08:51:30 | トラックバック(0) | コメント(7)
ハル 新たなる闘病
年明け 元旦はカートで初詣に行きました。

カートで初詣2 カートで初詣

そして お節

お節もモリモリ食べました。

お節

まだこの時は 今の病気が潜んでいるなんて思っても居ませんでした。


現在 ハルは 免疫介在性溶血性貧血 という原因不明といわれている難病と闘っています。

免疫システムが誤認をし 自分自身の赤血球を攻撃し破壊してしまう怖い病気です。
破壊された赤血球は溶血し尿や便と一緒に出てきたりします。 

急に食欲がなくなり ふらつき立てなくなり 歯茎が白っぽい(薄いピンク)などの症状があります。



ハル 免疫介在性溶血性貧血 発症まで

11月に具合が悪くなり かかりつけ病院での血液検査 レントゲン検査で
腎臓が大きくなっていたことから 腎臓の腫瘍が疑われました。 

動物医療センターで エコー・CT検査を受けたところ 腫瘍は認められなかったのですが 
大きくなった腎臓は腎のう胞があるという事でした。腎臓機能は右左とも正常。
しかしこの時
僧帽弁閉鎖不全症という心臓病と 強い迷走神経反射のための徐脈が判明しました。
迷走神経反射が強いという事は やはりどこかしらに異常があるという事だそうですが。
貧血の原因はわからず。

心臓病の薬の副作用と言われていた 下痢に随分悩まされました。


貧血の数値は正常値を外れながらも 定期的な検査では横ばい(良くも悪くもならない)なので
このまま様子見と言われ 私もこの時は この免疫介在性溶血性貧血 などという病気なんて
微塵も思いませんでした。 大体この病気については ほとんど知らなかったのですから。


そんなさなか 1年以上前からできていた後ろ足腿の出来物(当時は良性)が破裂しました。
12月26日の動物医療センターの診察日に 細胞診に出してもらったところ


12月30日 先生から電話が入り 軟部組織肉腫(悪性)の可能性あり との結果が出たとの連絡。 
切除手術を勧めますがご家族でご相談ください とのこと。
またまた 頭がクラクラするような結果でした。 

12月31日
 主人と病院へ行き 詳しい話を伺い 手術することにしました。
今 その腫瘍を切除せれば 再発の可能性はない段階だと。
手術のための全身麻酔も心臓と脈を慎重に見ながらおこなうので大丈夫です。 と先生は言ってくださいました。

1月3日
 切除手術をしました。全部取りきれたとの報告を受け その日のうちにハルも」帰宅しました。
 
腫瘍

病理検査の組織所見は
 大腿部腫瘍は非上皮性細胞の腫瘍増殖からなります。腫瘍細胞は軽度~中程度の異型性を示し、核分裂像は中程度認められます。・・・・・また好中球やマクロファージ、リンパ球、形質細胞の浸潤巣も認められます。本標本上、脈管内浸潤は認められません。
 
病名はやはり 軟部組織肉腫 でした。


1月4日 
食欲が少なく 嘔吐あり。 心臓の薬、術後の抗生剤 薬も体に治まらない。術後の具合が悪いってこと?


1月5日 
ますます元気も食欲もなくなる。 
病院に連絡し 2週間は効果が持続するという抗生剤の注射を打ってもらった。
血液検査で貧血の数値が悪化。 この時は私の素人考えで 腎臓内にある腎のう胞が破裂したと思っていた。
ネットで調べた。 ハルの症状は 免疫介在性溶血性貧血という厄介な病気の症状に当てはまるものが多かった。
「でも まさかね。」 っと思っていた。 


1月8日 受診。
さらに貧血の値が悪化。免疫介在性溶血性貧血 という病名が告げられた。
すぐ入院治療の必要がある緊急性を説明された。 でもすぐにはお願いします と答えられなかった。
またつらい思いをさせてしまう。 大体あのハルが家を離れて病院に居られるのか と。

ここ何か月も下痢でつらい思いもし 肉腫切除の抜糸もまだ済んでいず生なましい。
飼い主のエゴではないかとも思った。でももう一度元気にさせてあげたかった。 
もりもりご飯を食べさせてあげたかった。

「もう一度元気にさせてあげたいな。」 と独り言のように呟いたら こくりと先生がうなずいた。
この説明の間 ハルは 酸素室に入っていた。家にいるよりずっと楽そうだった。
 
私たちはハルの生命力を信じ 病院にハルをお願いすることにした。


1月11日
 毎日 レバー入りのおじやをもって 面会に行った。 入院3日目 4日目ぐらいが私もハルも辛かった。このまま家に連れて帰ろうとも思った。

でも先生は ステロイドの効果が出て少しずつ貧血の数値が良くなってきています と。
ヘマトクリット値 PCVの値が大事だそうです。
 11日のヘマトクリット値 PCV(基準値は37.6~48.7) 27.0   入院初日8日は PCV値(基準値は37.6~48.7) 20.0 


1月14日 
PCV値(基準値は37.6~48.7) 33.0 

1月15日 退院。
頑張ったハル。 あとは家での投薬治療。 

心臓の薬3種類  免疫抑制剤 ステロイド 胃薬  確実に飲ませなければなりません。
私もハルもだいぶ上手になりました。 


1月20日
 今現在 元気なハルに戻ったわけではありません。
 ステロイドの副作用だと思われる 荒い息使いが1日のうちで何回か出ます。小刻みな震え。
 足のふらつきは相変わらずです。 
 水の多飲それに伴う多尿。 
 病院ではケージの中でおしっこもウンチもしてたので 家でも出来るかも と期待し
 万全なるトイレの準備をしていたのに 一切使用せず。 ど~してもお外に出たいのです。 
 朝 昼 夜 夜中 お庭で用を足してるハル君です。 寒いのに・・・・。
 
 ご飯 おやつは 喜んで食べてくれます。 好みの変化はありますが。 ステロイドの副作用で
 食欲旺盛というのがあるらしいですが ハルの場合は今のところ でていません。 
 

 定期的に血液検査をしてステロイドの増減を図るらしいです。 ステロイド止められるぐらいになるといいのですが。
 逆に 様態急変で再発 という事も十分にありうる厄介な病気です。


 
 こんな闘病のさなかにいるハルですが 一生懸命生きようとしています。
 本来だったら 非常に嫌がるであろう薬も ちゃんと飲んでくれてます。
 シリンジで3回 直接口の中に入れるの1回。 1日4回がハルの投薬。
 「お薬飲もう。」というと私の所に来るんです。 

 そんなハルに小刻みな震えがきたら ブランケットで体を温めてあげたり 
 いま好んで食べるお肉や魚のおじやを作ってあげたり そんなことぐらいしかできません。 
 苦しそうな息遣いをしてても 見てるだけしかできません。
 

退院後



22日(月)は受診日です。 とっても寒そうな日。病院から戻るまで雪降らないことを祈ります! 
そしてヘマトクリット値が上がっていますように。

ハルの健康・ケア | 12:32:15 | トラックバック(0)
循環器の診察日
今日のboku
昨日 パパが帰宅したとき ちょっとはしゃいでしまって ダッダッダッとリビングを走り始めた途端 足がふらつきバタンと倒れ込んでしまいました。
息遣い荒く 心臓漠々。 
ほんのちょっと走っただけで・・・・・。 無理は絶対ダメ!って。 そんな僕ちゃんになってしまいました。


覚書

11月28日  動物医療センター循環器の診察   (心臓エコーと 心電図)

ハルはこの病院で2人の先生に診ていただいてます。この日は心臓の専門医先生の診察でした。
前回の診察後から軟便になっていたのですが この日の朝は完全なる下痢。 待合室でも汚してしまうし大変でした。
つらいのはハルです。

検査結果
・僧帽弁閉鎖不全症 ・・・ 薬の効果有。 心臓自体も少し小さくなり 血液の逆流も少なくなっている。
・徐脈 ・・・ 薬の効果有。 心拍数50台から130へ。 効果が出すぎたので薬を減らす。 下痢も薬の副作用らしい。

投薬の方法については副作用がこの先どうなっていくか経過をみて という事だった。
いずれにしても 一生飲む薬ができてしまいました。 

・血液検査 ・・・ 貧血とCRP(炎症)の数値は異常値のまま。 
          腎のう胞からの数値なのか。 2週間前の全身CT検査では腫瘍は認められなかったのだが・・・。
          心臓とは関係ない異常値らしい。 


診察 検査 十分な説明。 2時間病院にいたでしょうか。 帰宅して午後はハルと爆睡してしまいました。

2週間後は もう一人の先生の診察です。 血液検査の数値がよくなっていればいいのですが。



この日 10月から1人暮らしをしている長男がハルの様子を見に帰ってきました。

心配してくれてる兄ちゃんです。niichannto.jpg
 兄ちゃんと2 優しい兄ちゃんです。
 
ちゃんと自炊してやっているらしい。 




さて今日のハル。

今日のぼく

寒かったですが 庭でお散歩。

今日のぼく3



今日のぼく7 気が付けば 紅葉も落葉し始め

今日のぼく4

紅葉



もう12月なんですね。

12月





ハルの健康・ケア | 18:44:16
ハルの病気
ハル 先日 体調悪く CT検査を受けました。


覚書

11月6日(月)
この日 午後になって おやつも欲しがらない 腰が抜けたようになり ふらつく。
息も荒く 明らかに辛そう。 肉球と耳が異常に冷たい。

闘病

これは変! と思い かかりつけの病院へ行った。
42.2度 発熱。
血液検査の結果 今までに見た事のないような数値。
貧血状態であり、肝臓、白血球の数値も上がり 
まずは ネズミの駆除剤などの誤飲を疑われたが 飼い主 思い当たらない。

解熱剤と抗生剤の注射を打ってもらう。
夜には熱も下がったのか ご飯も食べられた。


11月7日(火)
朝9時半 オシッコとウンチをもって 再度病院。
レントゲンを撮った結果 心臓肥大と大きくなった腎臓が認められた。
腎臓に関しては 腫瘍の可能性が高いとの診断だった。 CTやMRI検査の必要があると。。。
6日間薬を飲んで その結果で今後の治療方針を決めましょう。 という事になった。


11月9日(木)
再び発熱したのか 荒い息使いと いつまでも続くウトウト寝。
闘病2

かかりつけの病院は休診日で連絡がつかない。
このまま逝ってしまいそうなウトウト寝。 
この先 全身麻酔や諸々の検査やら 手術やら 決してハルにとっては 楽しい事ではない。
このままウトウトしながら心臓が止まるなら それはハルにとっては楽なのかな・・・・と。
そんなことが私の頭を横切って涙がでてきた。

脚の付け根を冷たいタオルをとりかえて冷やすこと1時間。 熱が下がった。

かかりつけの先生との話に出た 動物医療センターに診察を頼んでみた。
その日は無理だったが翌日の朝10時に予約が取れた。


11月10日(金)
朝 かかりつけの病院に立ち寄り 紹介状のFAXをお願いし レントゲン画像を受け取って
動物医療センターに向かう。 

そこでのエコー検査 レントゲン検査 血液検査では やはり水腎症そして腎臓の腫瘍が疑われCT検査が必要となる。
しかし心臓が大問題で 中度の僧帽弁閉鎖不全症が発覚。 
このままでは全身麻酔をかけられないので まずは循環器の専門の先生に診てもらいましょう と。。。

僧帽弁閉鎖不全症の薬、抗生剤、消炎鎮痛剤を処方してもらって帰る。


11月14日(火)

循環器の診察日。
エコー、心電図。 
またまた心臓に問題発覚。 先生の診断は厳しいものだった。
僧帽弁を支えている筋が緩んでいて通常のコーギーの弁の形ではない事、
文字どうりの僧帽弁閉鎖不全症で血液が逆流するに加え 迷走神経(副交感神経)が異常に強く 徐脈である事。
正常な犬の心拍数は100ぐらいだが ハルは50台。 
心電図をとっている際 2回ほど「ウ~ッ。」と唸って抵抗したらしいが
この際も心拍数は上がらなかったと。
これでは全身麻酔は危険なので 心拍数をあげる注射をして
あがればその間に 慎重にCT検査をします。 という事になった。
副交感神経が通常より強く出ているという事は 脳腫瘍とか脳炎の可能性もあるらしい。 頭部のCTも追加になった。
もうこのあたりで ハルまま 卒倒しそうよ。

さてこの日の
★ CT検査の結果
腎臓 頭部の腫瘍は認められず。 

★ SDMA検査の結果
腎臓は左右とも 機能はしているが、右側に腎のう胞がある事。 
摘出手術は心臓のリスクが高いので 今はできないとのこと。 爆弾を抱えていることになる。

★ 甲状腺の検査
異常なし。




そして今日。 ようやくブログを開く余裕がでてきました。
心臓の薬が効いているのか 具合が悪い時のウトウトとは違う穏やかなスヤスヤ顔で眠っています。

ハル



夏ごろから 「クァッ」 というような喉に何か詰まったような仕草をすることが たまにありましたが
これが心臓病特有の「咳」 というものだったんですね。 
同じころ 走っていて急に伏せてしまうこともありました。徐脈のためだったかもしれません。
今になれば 思い当たる事ばかりです。



さっき 久しぶりに庭で写真撮りました。

今日のハル

今日のハル2 今日のハル3

今日のハル4


しばらくは ハルの闘病記になりそうです。


今日のハル5





ハルの健康・ケア | 10:09:15
ハルの近況 関節炎
カエル 今年の夏 どんよりした空模様が続く毎日です。 



僕の股関節2 

僕の股関節が悲鳴を挙げました。

走り込んだかと思うと 急に後ろ左足が不穏な動きをし 足を投げ出して伏せてしまいます。
5分もしないうちに復活するのですが こんなことがすこし続いたので 病院で診てもらいました。
どうも 股関節の変形性関節炎 のようです。
若い頃より前右足の関節炎はあったのですが。

まだ重篤ではないので サプリ対応で様子を見ることにしました。
関節サプリは以前より飲ませていたので そのまま同じものを続行となりました。
元々関節が弱いかもと 言われていたので今まで飲ませていましたが
それがちょっとは救いだったかもしれません。

僕の股関節

体重は現在 12kg。 
最も重かった14kg越えに比べたら随分減ったと思ったのですが もっと減らさなければなりません。
う~ん・・・・・難し~。。。。 でも飼い主 体重管理しっかりやってあげないとです。 



そして以前より経過観察していた脂肪腫と 新たに発見した出来物の 細胞診もやってもらいました。
注射器による検査ですが 悪い細胞は無いとのことで 一安心。



僕元気

13歳3か月 まだまだ元気でいてもらいたいです。 



万博3
 (8歳の画像より)

大好きな ハルの笑顔です。

ハルの健康・ケア | 14:18:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
ムーンカラー
こんなの・・・つけられちった。

ムーンカラー


舐性皮膚炎なかなか治らず・・・・。
 「ムーンカラー」なるもの ネットでポチしてみました。




ハルまま手作りのカラー襟巻19 も悪くはないのですが


このドーナツ型のカラー なかなか具合が良い。

ムーンカラー7-1 ムーンカラー7-2

どう!

ムーンカラー2

そりゃ 付けないに越したことは無いけど

ムーンカラー2-2


脚舐めの傷 いつになっても治らないから 

余り長引かせると 良くないからね。
ここは心を鬼にして 徹底的に治させようと思ったわけで・・・。


ハルの好きな外のベンチだって出られるし

ムーンカラー4


ムーンカラー5-2 ムーンカラー5-1





あと もうちょっとなのよ。  

ムーンカラー8



狭いとこ通るの不自由で 耳のとこも搔けないけれど・・・・  


僕頑張るよ。!

ムーンカラー6



ハルの健康・ケア | 22:17:55 | トラックバック(0) | コメント(4)
脚舐め 再来。
 脚に包帯されちった。

ストレス7




ウチのすぐ近くで 林を整地をしているところがありまして・・・・

ストレス0

木々を伐採し シャベルカーで大木を根こそぎ堀り起こすという作業が 2週間ほど続きました。
その作業が大変なことで 1日中地響きとともに家が揺れるんです。 まるで地震です。



東日本大震災のトラウマで 以来ものすごく地震に敏感になってしまい
家族と一緒に居る時はまだいいのですが・・・
家族みんなが不在の日中 一人で留守番しているハルにとって 物凄いストレスだったようです。


何でまた脚舐め? と思っていたのですが どうも今回はこの地響きが原因みたいです。


ストレス このくらいの状態だったのですが

だんだんと赤剥れのハゲチョビンになり 化膿しかけてる。

昨日とうとう ストレス2 包帯装着。 

今や絆創膏を剥がすことを覚えたハル。 そこで今回は「絆創膏+ゼブラ柄の包帯」 ダブルで挑戦よ。

ストレス3

とにかく まずは舐めさせないようにしないといけないわけで。 

ストレス4




今日は日曜日 工事もお休みなのでハルもゆっくり出来てるわ。

ストレス5




明日からまた一人でお留守番。 ストレス6


どうしたものかしら。

ハルの健康・ケア | 14:25:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
脚舐め 克服か!
今日のハル

ねっ  僕 足舐め舐め止めたよ!



2月に入ってから 舐性皮膚炎を患い  何とか舐めることを止めさせるべく


こんなエリザベスカラーを作って巻くことから始まり

エリザベス


以下 もろもろ・・・・・ (装着の写真は生憎1枚もないのですが) 

ソックスソックス レッグウォーマーレッグウォーマー

椅子脚カバーソックス2 ネット包帯包帯

思わず可愛くて いろんな柄 買ってしまったくっつく包帯包帯2


これらは いずれも 脱げてしまったり 外れてしまったり うまくいかなかったわ。



いろいろ試した中で 落ち着いたのが こちら。

防水パッド 絆創膏の粘着がしっかりしている防水タイプ。
蒸れないなので 傷の治りも早いです。  
 


傷が治り 剥がすとまた 舐める。  これを何回か繰り返していたので 
それをさせないためにも 傷うんぬんではなく しばらく貼っておくことにしました。
この対策にはベストでした。

絆創膏




いけないことはわかっているようでしたが 癖になってしまっているようで 
 なかなかやめられなかったのですが・・・・・  ついつい・・・ってやつでしょうか。。。

でもね 先日 ようやく 忘れてくれたかな って。
絆創膏を剥がして今日で10日はたったかな。

克服

ねっ。

克服2


 
もう大丈夫かな~。




今日はとっても良いお天気だったので ハルのお布団干し 洗濯物 勢ぞろい。

布団干し

エリザベスカラーにしてたスカーフも  洗いました。 




そして僕ちゃんも さっぱりお洗濯しましたよ。

ハルも




もうスカーフも 防水パッドも使うことが どーかありませんよーに 

 

ハルの健康・ケア | 22:15:48 | トラックバック(0) | コメント(2)
シニアなハル
いつまでも若いと思っていたハルも5月で11歳になります。
少しずつ加齢を思わせる症状が出てきました。

白内障



まず おめめ。
半年以上前から 瞳が青白く感じるようになって。 
特に夜 薄明かりのせいかと思っていたのですが。

見た目は 綺麗なまん丸おめめ。  写真だと ちょっとわかりにくいですが
白内障3 白内障2



 この間病院で診ていただいたら やはり白内障初期でした。

先生は 「歳相応のものです。 特に進んでいるものではありません。眼もまだ十分見えてるし。」
っておしゃるのですが。

シニアの域に入っているのは 十分承知。でも 現実のものとなると ちょっとショック。

われわれ人間が 「いつまでも若いと思っていても 歳には勝てないわ。」 っていうのと同じね。


取りあえず 進行を遅らせる可能性があるかもしれなrい点眼薬(ピレノキシン製剤)を毎日2回注してます。
嫌がる様子もなく 「目薬!」って言うと顔を突き出してくるので 続けています。



白内障は治らないと言われましたが ネットで調べたところ 
C●N-C とか クラ●スティル とかいう 非加水分解カルノシン点眼薬があるらしい。
ロシアの博士が開発し アメリカ(C●N-C)とフランス(クラ●スティル)で特許をとったという。
人にも犬にも副作用もなく 加齢性白内障が改善する と謳われてます。
効果があるのなら使ってあげたいと思いますが 目に直接点眼するものゆえ慎重になってしまいます。
詳しくご存じな方がいらっしゃればお教えください。

歳相応に加齢現象も自然に任せておいたほうが良いとも思うのですが 
やってあげられる可能性があるものは 施してあげたいと思っています。 



それと 先日歯石取りもしてきました。
無麻酔も考えたのですが ハルの事ですから 恐らくとてつもない恐怖を覚えさせてしまうだろうと。

健康状態が良好なうちに 麻酔をかけてやったほうがいいかもしれないという事で
かかりつけの病院でお願いしました。

生憎 befor画像は無いのですが afterです。

歯石とり

毎日 ちゃんとに歯磨きしてあげればよかった。。。と飼い主反省です。


歯石取り当日 朝9:00に病院へ連れていき 夕方4:00に迎えに行ったのですが
そのお迎えの時 私の顔見るなり 帰ろう!帰ろう!という尋常でない仕草。
先生の話も落ち着いて聞いていられない。
帰りの車の中でも 哀嘆の遠吠え。 こんなことは初めてで。
先生も看護士さんも優しく対応してくださったと思うのに・・・


いつも仕事や買い物に行く時 一声かけて出かけるのですが 
この時は 確かに何も声掛けせず ハルに気づかれないまま病院を後にしました。
ハルは大好き先生にリードをひかれ 奥に連れていかれました。

ハルにしてみれば 気が付いたときは ママは居ない。 あれ? てなものだったんでしょう。 
ペットホテルや病院に久しく預けたことがなかったので 余計何かを思ったかもしれません。


そして家に帰り しばらくしたら アンヨ舐め舐めがはじまっていました。
この時は 採血の後が気になるのかな ぐらいにしか見てなかったのですが・・・・



歯は綺麗になったのですが これがとんでもない事の引き金になろうとは。
ストレスを与えてしまったのかもしれません
夕方忙しかったし メンタルケアなんてしてなかったな とここでも飼い主反省です。


そうです 今 私を悩ましている 僕ちゃんの舐性皮膚炎。 
包帯


相変わらずお留守番の時や 夜寝る時は このカラー装着。
エリザベス



舐めてはいけないことはわかっている様なので 家族の目が届くときは 
こんな包帯やら キリン包帯
 
防水ワンタッチパッドこんな防水ワンタッチパッド
これだけで大丈夫。



今後 これが癖にならないようにケアしてかないとです。


ハルの健康・ケア | 07:24:44 | トラックバック(0) | コメント(2)
ハルの近況
最近のハルです。

襟巻6


何やら 襟巻なるもの・・・・  ハルままお手製のエリザベスカラー でございます。

1か月ほど前から 舐性皮膚炎 というものを患い 先週からこのお姿です。

 原因は
虫刺されなどの皮膚への刺激でペロペロ舐めてるうちに止められなくなってしまった とか
何らかのストレスで舐めてしまう とか・・・

ストレスに関しては思い当たることがあるのですが。  それに関してはまた後程ということで。。。



内服薬で様子を見ていましたが
一向に舐めることをやめず 血が滲み いよいよ病院でパラボラのお出ましかと・・・・
とにかく舐めるのをやめさせない事には 治らないわけで。
舐性皮膚炎

しかしパラボラなるエリザベスカラー装着では また別のストレスがかかると思い
ネットで いろいろ調べてみた。 ポチしても 早くても2,3日かかりそう。
もうそんな余裕もないくらいに一気にひどくなり こうなったら自分で作ってみようかと。

急遽 夜中に 思いつくままとにかく 今ある材料で作ってみた。

クローゼットに眠っていたスカーフに 丸めたプチプチを包んでみた。 
大して難しいことしたわけではないのですが 厚みとか 幅とか 微妙な調整が厄介でした。


襟巻2

多少不機嫌に見えるのは なんせ夜中1:00頃 本犬 眠かったのでしょう。 

最初 抵抗してましたが 襟巻3

襟巻  そのうち諦めたのか 


襟巻4 なすがままに巻いてくれています。



試行錯誤で 

襟巻12

夜の夜中に作ってみましたが。。。

襟巻13


 結構いい。襟巻18

なに撮ってんだよ~ て顔つきしてるでしょう。



コーギーは幸いにもアンヨ短いから 「伏せ状態」でも 100%傷に口が届かないのよ。

襟巻19



寝る時も枕にしたり襟巻5

襟巻15 へそ天寝だってへっちゃら。

襟巻7 眠けりゃ寝てるわ。
襟巻14



お庭でも襟巻8

襟巻10 ゴロンはするし

不自由は無さそうよ。 襟巻9





でも仕事から帰ってくると リビングにポツンとこの襟巻が落ちていたり
顎に結び目が回ってしまったり 
そんな事になると また舐めてしまって 乾きかけた傷もまた一から出直し・・・となる。


この襟巻を装着して1週間。まだまだ改良の余地ありです。 明日は もっといいのが出来ればいいな。

襟巻20


早くこの襟巻 取れるといいね~。


ハルの健康・ケア | 22:41:08 | トラックバック(0) | コメント(4)
忘れちゃだめよ~!
台風がまた近づいていますね。 

昨日は 台風に備え庭を少し片づけました。

セージを束ねスッキリ。セージ セージ2
綺麗に咲いてくれてます。



球根をもっと深く植えかえてあげようと思いつつ・・・・ 
そのままにしていた水仙が芽を出し始めました。水仙



カタバミカタバミ
植木鉢を軒下に移動しようと思ったのですが 鉢を飛び出した根が土に這ってしまって動かせず。




今朝は 嵐の前の何とか・・・   妙に静かです。

ハルくつろぎ


が  こんなのんびりしているハルを撮っていて ふと気づいてしまいました。




今月 フェラリアの薬 飲ませて・・・・・ ない。。。。
ゲゲゲッ こんなに過ぎている。

カレンダー 7日の予定だったのに・・・・
今日12日・・・ セーフらしい。 慌てて飲ませましたよ。


ハルの覚書カレンダー 
カレンダー2 カレンダー3
フェラリアの投与が始まるときに作ったですよ。 忘れちゃいけない とね。



今月に入って 職場がバタバタしてて 
夕方帰宅した時は ハルの散歩がようやく って感じで
夕飯の支度もつらい日々が何日か続いて・・・・すっかり忘れてしまった。。。
言い訳じみてますね。 


うっかりはこれだけじゃないんですよ。

ハルご飯のメインは手作りなのですが 
1日1回ドッグフードを食後のデザート代わりに ほんの少しだけ食べさせています。
いざという時 カリカリフード が食べられないでは困ってしまうからね。

が 無い!カリカリが。。。それに気づいたのは一昨日の事。 
すぐポチしたので今日届くし 無くてもそれほど問題はないのですが。

そんなこと こんなこと・・・・ 忘れるかね~。




ゴメンね! ハルちゃん! ってカンジ。

忘れちゃだめよ

 
と言われてる気がして ならないです。


ハルの健康・ケア | 12:50:38 | トラックバック(0) | コメント(2)
早く元気になって!
先週木曜日 私の右下半身に激痛が走り 股関節周囲炎 という病名をもらいました。
股関節の上部に 石灰のかたまりが出来 これが炎症をおこしたみたいです。
消炎の薬を飲み安静にしていることを強いられました。
座っても立っても寝てても 痛みは走るばかりで。
これが ハルではなくて良かったと思っていました。

金曜日の夜中 痛みで眠れなく ウトウトな時間を過ごしていたのですが
ハルが外に出たがっている様子。 う○ちタイムでした。 
このときは袋にいれたブツも普通だとおもったのですが。


朝になり普通に朝ごはんも食べたハル。 元気もいつもと変わらず 大騒ぎで家族のお見送り。
土曜日ですが 家族は私以外みんな出勤でした。


ハルの異変が現れたのは お昼をすぎた頃でした。
下痢便と嘔吐。 外でしか用を足せないハルなので 何回も外に出しました。
そのたびにお尻を洗い こっちもちょっとしんどい。。。
なんて言ってられない事になっているではないですか!

血便でした。

病院に早く連れて行ったほうがいいのですが 車の運転できるか自信が無い その日の私。
そんなこと思案しているうちに 

下血しました。
 
迷ってる暇は無く 今までの便と吐物を持ち 支度を急いでいると 
タイミングよく次男が帰ってくれて すぐに動物病院へ向かいました。

出血性大腸炎だとの事。

誤飲 ・ 温度の低い冷房の当たりすぎ ・ 酒のつまみ(さきいかなど)を与えなかったか  とか
いろいろ問われたのですが 思い当たることがありませんでした。

病院

この日は 胃腸薬の注射と 水分補給のための点滴 を打ってもらい 
次の日また通院し同じく 注射と点滴。 飲み薬は月曜日から飲ませてます。

ん

ん2


とりあえず下痢便も 下血も 嘔吐も あの時だけで 食事も普通量になり おさまってはいますが

ん4

ん3

早く良くなって


一見いつもと変わらない僕ちゃんですが
一見元気

ただただ・・・いつものご飯の催促 がありません。 足りない っていう眼差しを向けません。
下痢便もしないのですが 普通のう○ち も 丸2日出ていません。


早く本当の元気になって!


ハルの健康・ケア | 23:15:33 | トラックバック(0) | コメント(6)
おうちシャンプー
 梅雨な日々が続いています。明日はまた荒れそうな1日になりそうです。


この間のお天気だった日曜日にシャンプーしました。
ようやくその様子を写真に残すことができました。

以前ペットサロンでお願いしたこともあるのですが
シャンプー剤が合わなかったのか しっかりやっていただいたブラッシングが合わなかったのか
皮膚疾患をおこし 大変なことになってしまったことがあり 
以来 ずーっと おうちシャンプーなハルです。

パパもシャンプー 上手なのですが 近頃は 私専門になりつつあります。



もしかして もしかして お洗濯されるですね。



下洗いと 耳洗浄 がおわったところです。
シャンプー


シャンプー剤で顔以外を 丹念に 優しくマッサージするように洗います。 
ブルブルされてしまうので 顔はとにかく最後の最後。
シャンプー2


ゴロンさせたほうが 洗い易いね。 
おしり おち○ち○ お腹 わきの下 肉球の間 くまなく洗います。
今の季節 ダニがついてないかよく見てね。

最近は途中で眠ってしまうことが多いかな。 寝息を立てています。
シャンプー3


最後に 手早く お顔。 マズルはよく洗ってね。散歩でいろんなところ突っ込んでいますから。
シャンプー4


シャワーでシャンプー剤をよーく洗い流し ここで ブルブル。
シャンプーぶるぶる 
どことなく 不思議な絵柄が撮れました。 お耳だけ ブルブルのような・・・



さっぱりしたハルちゃんの出来上がり!
シャンプー5



ハルの気が済むまで  タオルで拭き拭きし
シャンプータオルドライ
 

豪快 豪快 
シャンプータオルドライ2


粗方 自分で拭いてもらった後 ドライヤーなのですが 
シャンプードライヤー3


途中で もう 眠くって・・・・
シャンプードライヤー4

眠くって・・・・
シャンプードライヤー

おちました。
シャンプードライヤー2


生渇きではありますが 後は 天日干しね。
天日干し


ハル家への おうちシャンプーの手引き

やり方がわからないなんて・・ もう言わせませんから!

ハルの健康・ケア | 22:52:03 | トラックバック(0) | コメント(2)
今年の健康診断 動物病院へ
日曜日 健康診断を兼ね 狂犬病ワクチンとフィラリア検査に 動物病院へ行ってきました。

ハルの苦手な採血の日なので 次男に一緒に行ってもらいました。

なにしろハルは 大騒ぎをするわけではないのですが 
ブルブル そわそわ。  そして スピスピ 鼻鳴らしっぱなしで。
動物病院

私は汗だくだく・・・・ できれば誰かが一緒に行ってくれたほうが気が楽です。 

動物病院3 動物病院2


先生も 看護師さんも 病院も好きなのですが 採血するのが怖いんです。

動物病院4


ゴムベルトで腕を巻かれ 押さえつけられるのが とても怖いようで。
だからといって 無理強いせずやるのは ありえない。 と思う。
せいぜい診察台をうろうろされるのが落ちでしょう。


で 血液検査の結果

ミクロフィラリア・・・・・・・・(-)
PCV(赤血球容積比) ・・・・・・・50%   正常値
II(黄疸指数)・・・・・・・・・0     正常値
TP(総蛋白量)・・・・・・・・・7.0g/dl 正常値
BUN(血液尿素窒素)・・・・・・・10Mg/dl  正常値


肝臓・腎臓機能 異常なし。
心音 異常なし。
歯茎 異常なし。
栄養状態・被毛 良好。

手作り食なので この健康診断はとてもドキドキです。今年もOKでした。

ハルも今月9歳になります。 来年あたり もっと詳しい検査をしたほうがいいのかな。
とりあえず 今年は良しということで。



検査が終わると さっさと兄ちゃんと 近くの公園へ行ってしまいました。
万博公園4

万博公園

万博公園3



そして病院の近くのケーキ屋さんで いつものエクレア も買いました。

ガトープーーリエ

そうそう 昨日 テレビで ここのお店 ガトー・プーリエさん 紹介されていましたね。

エクレアあった

シリーズタイトル 「こんな田舎に行列が!?」・・・・でした。  
ここ やっぱり 田舎 なんだ。。。。ってね。

ウチも最初は並んでエクレア買いましたよ。
今は ハルの診察が終わって まだ売ってればラッキー てかんじ。

ぜんぜんTVのことは知らなかったので びっくり !!
なんせ この日買ってきたエクレア 食べてる最中でしたから。

エクレア


せっかく病院頑張ったのに   ハルのおやつじゃないんだな。

僕

ハルの健康・ケア | 14:02:31 | トラックバック(0) | コメント(2)
シャンプー日和
 

 連休2日目

 今日は 風もなく 穏やかな お出かけ日和。

 
 なのですが・・・・・
  
 布団干し 大物の洗濯 
 そして ハルのシャンプー をする事にしました。



 冬のシャンプーは なかなかタイミングが難しい。
 最後の仕上げの ドライヤーは外でやるので
 暖かい 風のない日 を狙っているのですが  
 
 そんな意味では 今日はシャンプー日和。



 風呂場を暖め 部屋を暖め 準備OKなのですが
 ご本犬が見当たらず。

 いました 玄関の隅に・・・。


 
 バスタブに少しお湯をため 浸からせよう と思ったのですが 
 大暴れされ 断念しました。

 温めてあげたかったのに かえってパニクラせてしまいました。
 


 
 このドライヤー 長男のですが なかなかのお気に入り。

 シャンプー


 最初 息子は「ハルには使うなよ 毛が絡む!」
 などと 冷たい事 言っておりましたが。。。。 


 こんないいもの 使わない法はない。

 風圧がかなりあり でも アッチッチ とは ならないので
 ハルに 愛用させてもらっています。

 シャンプー2

 
 お尻も

 シャンプー3

 
 手早く 乾かせて 非常にいいです。

 

 最後に 綺麗になった 僕ちゃんを 撮りたかったのですが
 
 シャンプー4

 
 何となく ご機嫌ななめです。

 バスタブに 入れようとしたのが いけなかったのでしょうか。  


 
 知らんぷい 

 

ハルの健康・ケア | 00:14:11 | トラックバック(0) | コメント(2)
 まな板の鯉の爪きり


 ハルが嫌いな 肉球の間の毛のカット と 爪切り をしました。
 2人がかりの作業です。


 「始めるよ」 と 呼んでも知らんふり。 何気に逃げる。
 爪きり



 確保され 一応抵抗しますが 
 爪きりbefor2
 
 パパの膝の上に載せられたら 後は 『まな板の鯉状態』です。
 特に押さえつけていないのですが じっと耐えているといった感じです。 



 BEFOR     ボサボサです。
 爪きりbefor
 
 爪きりbefor3


 AFTER     さっぱりしました。
 爪きりafter2
  肉球クリーム 塗ってあげようね。
 爪きりafter

 手早くやらないと ハルの 『まな板の鯉状態』が もたないので
 ちょっと切り損ねた部分もありますが こんなもんでしょ。
 


 

 ちなみに 息子は 上手にできるのですが・・・とんとご無沙汰。

 兄ちゃんは最近 爪きり してくれないな~(ハル) 
 
     爪きりYハル2歳の頃




ハルの健康・ケア | 14:36:44 | トラックバック(0) | コメント(0)
あっという間の休日2・・シャンプー 
 

  休みの日に やっておきたいこと  もう1つ。
 ハルのシャンプー。
 これも だいぶ 先送りになってた事。

 陽があるうちに済ませ タオルも干してしまいたかったので
 結構 忙しい。

 
 でもお蔭様で きれいさっぱりです。
 シャンプー2 

 シャンプー




 夕飯の下ごしらえを済ますと  散歩の時間になっていました。
 今日は パパが居ないんだった。
 座る間もない とはこのこと。


 お待たせしたね ハル君。
 シャンプーの後は
 (別に待っていないか)



 シャンプーしたばかりだから 余りここ 来たくなかったんだけどね。  
 まっ いっか ってね。

 121103_1600~020001(1)夕日の散歩1 121103_1611~010001夕日の散歩2

 夕日が きれいで 私達の影も 長い。 すぐ陽が暮れる。
  
    

 影のハル 足もちょっとは長く見えるかな。
 
 

ハルの健康・ケア | 11:05:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
黄金色

 今日は1週間ぶりに ブラッシングをしました。
 一時期より 抜け毛もだいぶ収まっているようですが

 この通り 結構な収穫でした。
 ブラッシング


 だいぶ さっぱりしました。
 ブラッシング2


 すぐ横に カマキリがいて カマキリ
 ずっと気になっているようでした。 
 
 
 ブラッシングを終えると すぐ家の中に非難。
ブラッシング3
 
 バリケンの中まで 撮らないでよ的なハル。・・・なんだろうね。
 迷惑顔されてしまいました。




 夕日に当たると 黄金色に光る被毛。
 いつまでも 保ってあげたいな。

 涼を求めて1


ハルの健康・ケア | 21:48:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
いつものハルが一番!


 昨日まで いまひとつ元気がなく

 元気なし1


 嘔吐と軟便は良くなったのですが
 薬のせいなのか ウトウト ばかり

        元気なし2


 ご飯も全部食べ 薬もチャントに飲むのですが
 食後は その場で バタン  

 元気なし3
  

 どうしてしまったんだろうと さすがに 夕べは心配しました。
 


 が・・・・・



 今日は お蔭様で 
 いつものハルに 戻り ひと安心。

 元気3

 

 動きが早くて シャッターがなかなか間に合いません。

        元気2
 
       
 外の音も気になり 

  元気1 
                                    番犬したり

 
 ようやく元気になりました。

          元気になりました


 あの コーギー吠え 
 ちょっとやかましくても いつものハルが 一番! 




ハルの健康・ケア | 20:45:58 | トラックバック(0) | コメント(0)
効果なしダイエット
 
 早朝のゲボッが今日で3日目。一向におさまりません。
 私も さすがに寝不足気味。

 早朝空腹時の 胃酸過多だと思っていたので 
 食べ物の与え方、時間を 
 ここ2・3日は注意してやってみましたが
 良くなる気配がなく
 朝の散歩では 桃尻を洗うぐらいの 軟便になってしまいました。

 これ以上悪くならないうちに 動物病院で診てもらいました。
 

 

 先生の診断も胃酸過多でした。
 

 ハルの足の関節のため 
 体重を減らそうと ここ2・3ヶ月 頑張っていたのですが
 
 体重は・・・・なんと・・・・
 13.95Kg・・・・・    増えてる。
 食事の量を少しずつ減らし・・・
 内容も考えて作っていたのに・・・

 ダイエットさせてるつもりが その効果ないってこと?



 ということは ・・・・ 
 お腹がすいてて 空腹時の胃酸過多ってやつ・・・・なんでしょうね。
 可哀想なことをしていただけでしょうか。

 体重が減ってれば まだいいのだけれど 
 増えていたんじゃ どうしようもないね。
 う~ん 何がいけなかったんだろう。



 気を取り直して 近くの公園で散歩して帰りました。

 
 
  121008_1239~030001 
  
  121008_1242~010001  121008_1240~010001 



 パパ曰く
 「ハル そんなに太っているかな?」

 私曰く
 「コーギーはこんなもんよ。ハルは身体が大きいのだし。」

 二人して 妙に納得し



 「お腹の調子が良くなったら 
 また 前みたいに食べちゃおうか ハルちゃん!」
 

 
 「え!ホント!!」(ハル)

    え!ホント
 

ハルの健康・ケア | 17:06:05 | トラックバック(0) | コメント(0)
ようやく秋っぽくなりましたが・・・
 
 季節の変わり目 朝方に吐くことがあるハルですが 
 早速 今朝 ゲボッてしまいました。

 5時前から7時にかけてでした。
 洗面所 ダイニング 庭で 6回ぐらいでしょうか。

 ぐったり ウトウトしては 
 のそのそと起き上がり ゲボッ。
 いつもより多く 心配しました。
   

 朝のごはんは

 少し消化が良いように 葛練りを混ぜ 柔らかめにしました。
  
 完食し 元気を取り戻したようです。
 お腹がすいていたのでしょうか。

 空腹でも 朝方 吐くっていいますよね。



 散歩もいつもと変わりなく出来たのですが
 
 やっぱりいつもに比べて おとなしい・・・・ 

 散歩後もこのとおり
 ハル2
 
 
 結構涼しく 気持ちがよかったので 
 しばらく 玄関先で のんびりさせました。

 朝早くから起きてたので 眠かったのかもしれませんが・・・

 
 その間に 久々に 庭の花を撮りました

 暑さにかまけて 手入れを怠っていましたが。


 アメジスト・セージ が満開
 アメジストセージ


 カタバミ & オキザリス 
 オキザリス・カタバミ2


 ライム そろそろ収穫かな
 ライム


 名前を忘れました
 小さな花




 秋っぽくなり 過ごしやすくなりましたが

 暑かったり 
 急に涼しかったり
 
 体調を崩しがちな時期ですね。

 ハル


ハルの健康・ケア | 19:19:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
今日はお手入れの日
 コーギー飼いは抜け毛対策が大変。

本当は毎日ブラッシングしてあげればいいと思うのですが
そうもいかず
毎日 掃除機とコロコロとクイックルワイパーが
活躍してくれています。

それでも週2~3回はブラシをかけてあげたいところ

コーギーの多頭飼いをしている方々は 尊敬 に値する次第です。

 今日みたいに仕事が休みで 家族が出払っていて
そんな時に じっくりいろいろ ハルのケアに精を出します。



 まずは耳のクレンジングイヤークレンジング

 バリケンに非難してしまいました。   が 難なく終了。



 次は口内ケア
 先日 動物病院で紹介された 液体歯磨きなのですが口内ケア
 朝晩1日2回 口内にスプレーするだけ。
 唾液で口腔内に行きわたるというもの
 歯石が柔らかくなり 取れる らしい。

 人用等級成分の ハーブエキス でエナメル質を傷める事がないというので
 ネットで購入しました。(かなり安く買えました)
 
 使って1週間ほどですが 1ヵ月後の成果は どのようなものでしょうか。

 きょうは ガーゼと歯ブラシで歯磨きしました。

 ハルは喜んではいませんが 歯磨きはさせてくれます。
 私が毎日やってあげられないので 
 今みたいに 汚い歯になってしまいました。
 飼い主 反省。
 

 
 そして 被毛のブラッシング
 一昨日やったのに かなりの量・・・・・

 コーギーはダブルコートです。
 ハルは皮膚が余り強くないので
 中のふわふわ毛を きれいにコームをかけておいてあげないと
 空気のいりが悪くなり皮膚炎を起こします。
 なので 手抜きが出来ません。
 
 ブラッシング用品
 
 家の中でブラシをかけると 毛だらけになってしまうので 外でやります。
 夏は涼しい時間 冬は暖かい時間 をねらっているのですが
 なかなかそれが難しい。
 
 



 今日はちょっと涼しい



 冷暖房完備のグルーミングルームがほしい! 
 

ハルの健康・ケア | 13:04:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
動物病院へ
 朝のうちに 狂犬病の予防注射に動物病院へ行ってきました。
 今日は採血ではないので 飼い主もハルも 余裕 余裕!

 待合室で待っていると どうも診察室が気になるらしく 
 覗きに行っては ドアの前で待っている。
 「ハルちゃん もうちょっと待っててね。次だからね。」なんて言われてました。

 注射はあっという間に終了。

 歯石も麻酔をかけて取るまではいってないのですが 
 もう少し口内ケア しっかりやってやらないと。(私がんばれ!)


 先生に被毛をほめられた。ふわふわだね と。
 うれしいね。

 それにしても
 体重13.8Kg  (また増えた)
 ハルの場合 栄養が全部 身になってしまう気がする。

 このごろは チョイやり が多い・・・・かも。
 シニアの域に入り 代謝が若いときと違うから 食生活に気を使ってやらないと。
 

 人も一緒だね。
 
 
 と思いつつも エクレアを帰りに買いました。
 ここのお店のエクレアは ボリュームがありとても美味しい そして一個100円
 ちょっと有名なエクレアなんです。

 
 
 玄関前にて

 今日はおとなしくしてようね。

ハルの健康・ケア | 16:54:43 | トラックバック(0) | コメント(0)
動物病院に行きました。
昨日フェラリアの薬をもらいに動物病院に行ってきました。
ハルが大好きな先生も看護士さんもとってもやさしくて上手な診察や処置をしてくださいます。丁寧な説明、適切な治療と薬の処方、信頼させていただいている病院です。採血
ハルは大騒ぎするわけではないのですが採血は苦手なようです。後ろ足がプルプル震えています。

採血2
いつも手早く上手にやってくださいます。

終わるとすぐに帰ろうのアイコンタクト。緊張したのかヨダレが。帰ろうのアイコンタクト

血液検査の結果
フェラリア(-)・赤血球容積比(貧血)正常・黄疸指数正常・総蛋白量正常・血液尿素窒素正常でした。栄養面も問題なし。

オシッコの検査
pH7.0・その他もろもろ正常値。アルカリ尿が続くと結晶が出来てしまうのですが、手作り食に変えてから今のところ大丈夫です。

便の検査
正常。

1年前から経過観察していた左わき下のしこり
注射器でしこりの中のものを吸出し顕微鏡で検査。
脂肪でした。よかった。

そして体重
13.5kg。増えてしまった。

帰りに病院の前にあるケーキやさんでエクレアを買って帰りました。私で今日のエクレア完売。ラッキー!エクレアあった


ハルの健康・ケア | 15:32:16 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad